ミネストローネのミイちゃん

f:id:yurayura66:20201101154208j:plain

 

ある日、妹が猫を拾ってきた。

 

川沿いの小屋でふらふらしていたらしい。

 

かなり衰弱していた。

 

痩せこけて眼球がすこし奥に引っ込んでいた。

 

自力で歩くこともままならず、鳴き声もかすれてやっと聞こえる程度だった。

 

それまでどうして過ごしていたのか。

緑の首輪が付いてはいたが、とても大切に扱われていたとは思えない。

 

 

実家に来てからは、ほんの一週間ほどの付き合いだった。

 

母や妹が病院に連れて行って診てもらったり、食事や温度の管理に気をつけて看病していた。

きっと喜んでいてくれただろう。

 

 

亡くなる前の夜に僕は東京へ帰ったのだが、帰る直前、しきりにこちらに向かってそのかすれ声で鳴いてくれていた。

 

これが会う最期なのだと覚ったのだろうか、

やはり猫には第六感というものがあるだろうか、と思った。

 

 

 

 

f:id:yurayura66:20201101154729j:plain

ミイちゃんと呼んでいました。 「ミネストローネの」というのは後つけで、

なんとなくそんな匂いがしたからです。

 

 

f:id:yurayura66:20201107185319j:plain

 

 

 

 

 

 

   

 

 1:04あたりで猫の鳴き声が聞こえる気がするけど、気のせいかね?