切通しを抜けるとそこは...

f:id:yurayura66:20210111162552j:plain

朝比奈切通し

熊野神社

 

はるか昔鎌倉時代、鎌倉と金沢の六浦という港をつなぐ道が作られた。

途中にそびえていた岩山を掘削して、この朝比奈切通しが生まれたらしい。

かつては交通の要所として栄えたそうだ。

 

岩壁の間に立つと、音の情報が突然少なくなり、ひんやりとした感覚になった。

 

そして切通しを抜けてしばらく進むと、熊野神社と名乗るものが構えていた。

 

 

f:id:yurayura66:20210111162453j:plain

 

建物は比較的に新しいようにも思えたが、幽遠な匂いを感じてしまった。

どこか長居をしてはいけないような雰囲気があった。

 

陽が落ちかけて薄暗く、また他に誰もいなかったせいもある。

 

遠くに高速道路を走る車の音がかすかに聞こえて、かろうじて現代文明を感じることは出来たが、

それが逆に、一層頼りなく思えた。

 

外界から隔離されている心地がした。 

 

 

f:id:yurayura66:20210207002336j:plain

 

 

 

f:id:yurayura66:20210206233111j:plain

 

 

 

f:id:yurayura66:20210206233054j:plain

通り道に沿ってそびえる岩壁には、ところどころ人工的な穴が空いていた。

これもまた怖かった。。

 

 

 

 

f:id:yurayura66:20210206233057j:plain

さすまたのような石の棒が、大きなスダジイを支えていて、

これだけはちょっと可愛かった。

f:id:yurayura66:20210206233041j:plain